2020(令和2)年6月4日策定

子どもの理科離れをなくす会

 

1.はじめに

 

この度の新型コロナウイルス感染症対策に於きまして、各自治体や学校をはじめ、あらゆる団体より、これに対応すべくガイドラインが発表されております。新型コロナウイルスについては第2波も確実視されており、未だに終息の目処がつかない状況が続いております。国内外の感染状況を鑑みると、今後このウイルスと共存しつつ社会生活を送らねばならないのは間違いありません。

このような状況から、当会では当面の間は、安全な遠隔オンライン講座を中心に運営をおこなっていく方針です。1ターム(3回もしくは4回)において1回程度の対面教室の開催を目安にしております。なにとぞご理解いただければ幸いです。

また、対面教室での運営を行うにあたり、感染対策を徹底するためのガイドラインを以下に設定しましたのでご承知頂きます様、宜しくお願い致します。

 

 

2.感染症防止のための基本的な考え方

 

・当会は受講生の皆様やそのご家族、あるいは従業員の健康や人命保護を最優先することを大前提としつつ、当会のサービスを希望される方がいる限りは、継続して事業を展開していくものとします。

・当会は教室の設置地域が全国に渡るため、地域ごとの感染状況等の違いにより適時適切かつ柔軟に対応いたします。

・感染対策を講じる際には政府対応方針や「新しい生活様式」の実践はもちろん、各種専門家の情報を取り入れ、迅速な判断を行います。

・講師や職員を含む全員が、新型コロナウイルスに関しての情報の収集や知識の獲得に努め、対面講座の実施にあたっては、万全の感染防止策を取るよう心掛けます。

・zoom等を利用した遠隔オンラインでの授業に力を入れ、再度、緊急事態宣言が行われた際にも影響を受けることなく、授業を行える仕組みを構築すべく、運営システムを強化していきます。

 

 

 

3.感染症拡大防止対策

 

政府が提言する「新しい生活様式」の実践を基本としつつ、各状況に応じて下記のような対策を講じます。

※「新しい生活様式」については下記を参照下さい。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html

 

 

(a)教室での対策

・教室に入る前には手洗い、もしくはアルコール系消毒液での手指消毒を徹底下さい。

・教室の中、外に関わらず、マスクを着用するものと義務付けます。

(マスクの確保が困難な場合は事前に連絡願います)

・生徒は当日、自宅にて検温を行い、37.5度以上の発熱が確認された、あるいは倦怠感や息苦しさの症状が見受けられた場合は、出席を見合わせ、病院での受診を願います。

・授業中に体調が悪いと思われる方を発見した場合は退席をお願いする場合があります。

・可能であれば窓を開けた状態で授業を行うものとします。

・最低でも30分に1回、数分程度の換気を行うものとします。

・生徒が触るもの(ドアノブや机、機材やキーボード等)は消毒液(消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウム等)で定期的に消毒します。

・授業中はなるべくお互いの距離を開け、向かい合って長時間話すことを避けます。

・不要な接触を避け、筆記具等の貸し借りは禁止します。

 

 

(b)講師、スタッフの対策

・出勤前に検温を行い、37.5度以上であれば出勤停止とします。

・体調管理に努め、少しでも体調に異変を感じた際は出勤を取り止めることとします。

・公共交通機関を始め、人が多い場所ではマスクの着用を義務付けます。

・出社前、出社後は、手洗い、うがいをするものとします。

・近い距離で向かい合って話すことを避けます。

・可能な限り、テレワークやローテーションでの出勤を心掛けます。

・事業所内ではこまめな換気を行うものとします。

・ゴミは密閉した容器に入れ、ゴミを回収する際はマスクや手袋を着用します。

・タオルの共用を避け、個人用のタオルやハンカチを使用するものとします。

 

 

 

(c)保護者の対策

・家庭内での感染症対策にご協力下さい。

・当会のガイドラインをご理解頂き、お子様が従って行動出来るようにご指導願います。

・ご家族等に新型コロナウイルスへの感染が確認された場合はご参加を控えて頂きます様 お願い致します。

 

 

 

4.感染の疑いが生じた場合

生徒や講師に関わらず、体調不良等の異常が確認された場合は、速やかに早退し、医療機関での受診をお願いします。また受診結果を速やかに通知願います。

※下記の厚生労働省の指針に従い、行動するものとします。

https://www.mhlw.go.jp/content/000628620.pdf

 

 

 

5.新型コロナウイルス感染者が出た場合

講師、スタッフを含む職員、もしくは生徒やその家族に出た場合は、所属クラス所在地の自治体の窓口に直ぐに報告を行い、指示を仰ぐものとします。

※自治体の窓口は以下を参照下さい。

https://www.kantei.go.jp/jp/pages/corona_news.html

 

また、速やかに上記の指示に基づく対応、方針を決定し、生徒や保護者等に報告を行うものとします。

 

 

 

6.その他緊急時の対応について

 

基本的には自治体や行政の指示のもとに行動しますが、以下のような場合、当会の判断により対面授業を休校とし遠隔オンライン授業に切り替える可能性があります。

  • 新型コロナウイルスの感染拡大の危険が発生した場合
  • 教室の近隣の学校や施設等で新型コロナウイルス感染者が確認され、行政等から指示があった場合
  • 生徒や職員等に新型コロナウイルス感染者が確認された場合

 

 

 

7.対応窓口及び担当

  

子どもの理科離れをなくす会 事務局 担当 井関

〒612-0074 京都府京都市伏見区桃山井伊掃部西町7 B101

075-612-6814/090-3827-0570